HISTRIP(ヒストリップ)|歴史的建造物に泊まろう

HISTRIP MAGAZINE icon HISTRIP MAGAZINE

滋賀・甲賀で歴史に触れる 伝統信楽焼とかつての都紫香楽宮跡を巡る

  •  

    京都駅から草津駅で1度乗り換えを経て、およそ1時間で到着する貴生川駅。そこから信楽高原鉄道に乗り行き着く先はかつての都があった場所、滋賀県甲賀の「紫香楽宮跡駅」。都会から少し離れた緑広がる甲賀では、大きなたぬきが皆さんを待っています。
    1300年以上続く歴史に触れ、他ではできない体験をしてみませんか?

     

     

     

    」 奈良時代・聖武天皇が営んだかつての都

     

     

     

    <写真01_alt:紫香楽宮跡へと続く道>

     
    信楽高原鉄道の紫香楽宮跡駅から約10分、木々に囲まれた歩道を進み階段を登ると、国の史跡に登録されている「紫香楽宮跡」に到着します。

     

     

    <写真02_alt:紫香楽宮跡>

     

     
    紫香楽宮は今からおよそ1250年前の奈良時代中頃に、聖武天皇が営んだ離宮です。
    離宮というのは都とは異なり、天皇が保養などのために一時的に滞在する宮殿的施設で、紫香楽宮は離宮として造られ始めたのだそうです。
    この紫香楽宮がのちに甲賀宮と呼ばれ都となったのだそうです。
    生い茂っている木々に囲まれ、車が走る音すら聞こえない静寂な地にいると、時が止まったような感覚に陥ります。
    なんとも言えない心地よい時に包まれに訪れてみませんか。

     

     

     

    所在地:滋賀県甲賀市信楽町黄瀬

     

     

     

    甲賀といえば日本六古窯の一つ「信楽焼」 1300年の歴史に触れる

     

     
    紫香楽宮跡、紫香楽宮跡駅からおよそ1km離れた地に、一際目立つたぬきがいます!ここは「信楽陶苑 」です。
    ではその前に、滋賀県甲賀市といえば「信楽焼」が有名ですが、信楽焼はとても歴史深いものであるということをご存知ですか?
    信楽焼は日本六古窯の一つであり、日本六古窯とは、鎌倉時代以前より継続している古い窯の中で、後生大きな産地となった代表的な六つの窯、瀬戸・常滑・越前・信楽・丹波・備前の六窯を指す言葉です。昔は、火鉢の90%を信楽焼が占めていたそうです。信楽焼には1300年以上の歴史があると言われていますが、その中でたぬきの歴史は100年ほどと、意外とまだ短いのだそうです。

     

     

     

    <写真03_alt:信楽焼を焼き上げる登り窯>

     
    信楽焼はこのような登り窯と呼ばれる窯で焼き上げるのだそうです。焼き上げるためには5日間ほど火をつけっぱなしにするそうで、その間中は火の温度を上げていくために、ずっと管理していなければならす、この作業は本当に本当に大変なのだそうです。しかしこの苦労があるからこそ、信楽焼は一つ一つが異なった灰のつき方をするそうです。

     

     

    <写真04_alt:信楽焼を焼き上げる窯>

     

     
    ガス窯で焼き上げる陶器は、焼く前から完成の色が分かりますが、登り窯で焼く信楽焼は焼き上がって窯から出すまで、どのような出来になっているかは分からず、お楽しみなのだそうです。きっとこれが信楽焼の魅力・面白さであり、長年受け継がれてきた理由なんだと思います。

     

     

     

    大きなたぬきが目印「たぬき村」 一家に一匹 たぬきで縁起担ぎ!

     

     

    <写真05_alt:大きなたぬきが圧巻!信楽陶苑たぬき村>

     

     
    信楽陶苑たぬき村では絵付け体験やろくろを使った陶芸体験ができます。
    自分の手によって作られた、世界にひとつしかない器づくりをぜひ体験してみましょう。

     

     

    <写真06_alt:信楽焼のたぬき>

     
    信楽焼の販売も行っています。器や湯飲みの他に、たぬきやカエル、フクロウが店頭に並んでいます。
    動物にはそれぞれ意味があり、たぬき・カエルには8つの縁起がある、フクロウは幸せを運ぶ鳥として、縁起をかつぐされています。
    甲賀市は信楽焼が有名ということもあり、玄関先に信楽焼のたぬきを置いている家がたくさんありました。
    我が家の縁起物として、一家に一つ、お気に入りのたぬきを探してみませんか。

    所在地:滋賀県甲賀市信楽町牧1293-2

     

     

     

    かつて甲賀には離宮・都があったこと、信楽焼は1300年以上も受け継がれてきた長い伝統があり、様々な縁起が担がれています。こんなにも深い歴史が眠っていたことをご存知でしたか?
    ここでは表しきれないほど、甲賀にはたくさんの魅力が溢れています。他ではなかなかできない体験、持ち帰れないお土産を、甲賀で見つけてみませんか?