HISTRIP(ヒストリップ)|歴史的建造物に泊まろう

HISTRIP MAGAZINE icon HISTRIP MAGAZINE

広島で食の歴史を学びながら郷土料理と広島のお酒を堪能するグルメ旅

  •  

     

     

     

    その土地に根付いた食や地酒の歴史を学びながら味わうというのも旅の醍醐味ではないでしょうか。
    広島の方が特別な時に家族と食べられるという牡蠣や、結婚式で鏡開きをすることもあるというぐらい市民に親しまれてる広島の酒について調べました。
    老舗を二件紹介します。食・お酒の歴史とともにご覧ください。

     

     

     

     

     

    全国有数の酒どころ 甘美な味わいの広島の酒が歩んできた歴史を学ぶ

     

     

     

     

     

     

    広島電鉄「八丁堀」で下車し、商店街を抜け歩くこと約5分。『大和屋酒舗』に到着しました。

     

     

     

    大和屋酒舗さんで、担当の方から広島の酒の歴史について伺いました。

     

     

    広島県というのは海もあれば山もあり、瀬戸内の温暖な気候の地域もあれば冬にはスキー場がオープンする地域もあるぐらい、県内でも気温差が激しく、それぞれの土地柄をいかした酒造が行われてきました。

     

     


    ひとえにいえるのは、広島の水が軟水だということです。古くより、軟水はお酒には不向きとされており、広島の酒蔵も切ろうしてきました。そんな折、広島の酒造界に革新をもたらしたのが三浦仙三郎さん。彼が軟水醸造法という技術を編みだし、広島の酒造りに貢献しました。

     

     

     

    その結果、広島の酒は明治・大正期に注目され、全国に広まったそうです。

     

     

    現在広島の日本酒製造量は、兵庫や京都、東北勢などについで全国第9位です。かつては全国第3位という時代もあったそうです。

     

     

    お酒には長い歴史があり、いろんな方の想いが詰まったものなんだなと感じました。軟水のため口当たりが柔らかいのが特徴と言われ、地域の方をはじめ愛されています。広島に旅行された際にはぜひ一度ご賞味ください。

     

     

    所在地 : 広島県広島市中区胡町4 中区胡町4−3

     

     

     

     

     

     

    歴史を知りながらいただく格別な逸品 『広島の酒』  ご賞味あれ

     

     

     

     

     

     

     

     

    大和屋酒舗は日本全国のお酒を扱っていらっしゃるお店です。

     

     

    元々は酒造もされていましたが、戦争で機器が無くなり、酒屋に転向されています。広島には多数の酒蔵が存在しまが、原爆で機械など設備を失ってしまったところも多いそうです。

     

     

    大和屋酒舗さんは、もともと酒蔵であったがためにほかの酒蔵さんともつながりが深く、それを生かして広島の酒蔵さんと共同でプライベートブランド商品を開発されたりしています。また、広島のお酒をより知ってもらうためのきっかけとして、「たしなみバー」といったイベントも開催されています。

     

     

    店内を見て回るだけでも楽しいお店を目指していると話してくださった大和屋酒舗さん。酒造者さんの写真を貼っていたり、お酒にあうおつまみが並んでいたり、広島カープのリーグ優勝記念のお酒やグッズも並んでおり、立ち寄るだけでも楽しめると思います。

     

     

     

    私もお土産にちょうどいい少し小さめのお酒を二本購入して帰りました。どちらも飲みやすく、少し甘めに感じました。広島以外の場所ではなかなか手に入らない広島のお酒、お土産に購入して帰られてはいかがでしょうか。

     

    <12_hiroshimashigaichi:大和屋酒舗お酒

     

     

     

     

     

     

     

    67年間続く老舗料理屋で広島の郷土料理『牡蠣』を頂きませんか?

     

     

     

     

     

     

     

    大和屋酒舗さんから歩いて約7分。
    次にやってきたのは『釜飯・広島郷土料理 酔心本店』です。

     

     

    夜も営業されていましたが今回私はお昼時に訪ねました。
    酔心さんは、創業当初から広島の郷土料理、広島の食材に拘り続けている老舗料理屋さんです。
    広島の郷土料理と言えば、牡蠣。数あるメニューの中から、今回私は「牡蠣比べ定食 あなご釜飯」(2890円)を注文しました。

     

     

    定食メニューには釜飯がつき、牡蠣釜飯やあなご釜飯に変更可能です。

     

     

    「牡蠣比べ定食」では、「かにみそ焼き牡蠣、ガーリックバター焼き牡蠣、カキフライ」の三種類の牡蠣を堪能することができます。

     

     

    一粒一粒が大きく、また、冷めないよう熱石に乗せられ出てくるため最後まで温かく、非常においしかったです。

     

     

    名物あなご釜飯も、新鮮だからこそたれをあまりつけず、あなごの味そのものを満喫できるよう提供されていて、ほくほくして美味しかったです。
    市民の方は、少し特別な日等家族が揃った日にみんなで食べに来られることが多いそうです。老舗の郷土料理に舌鼓する旅、おすすめです。
    酔心さんは個室の予約は可能ですが、定食料理は予約不可なので注意してください。

     

     


    所在地:広島県広島市中区立町6−7

     

     

     

     

    地酒や郷土料理はその土地に根差したものなので、調べてみれば歴史も深く面白いと思います。
    ただ美味しくいただくだけでなく、なぜこんな特徴があるのか、地元の人にとってはどういったお店なのか、など知ったうえで行くとまた一味変わってくると思います。

    広島だからこそ味わえる、広島市民に親しまれているグルメを堪能してきてください。

     

     

     

     

     

     

    このマガジンにおすすめの目的地