HISTRIP(ヒストリップ)|歴史的建造物に泊まろう

HISTRIP MAGAZINE icon HISTRIP MAGAZINE

鹿児島県知覧といえば?学んで食べて大満足知覧ご当地グルメを堪能

  • 鹿児島県の知覧(ちらん)は薩摩半島南東部にあることから温暖な気候の恵みを生かし、お茶の生産日本一となったことでも有名です。
    知覧茶の歴史も文化もグルメも楽しめて、お腹と心を満足させる、歴史グルメ旅に出かけましょう。

     

     

    平家の落人が山岳地域からはじめた「」の栽培

     

    06_chirans

     

     

    鹿児島空港から約1時間。知覧に訪れました。知覧では、移動中沢山の青々と広がる知覧茶畑をみることができます。

     

    全国第2位の生産量を誇る知覧。温暖な気候と寒暖の変化が大きく、お茶生産に最も適した条件が揃い、さらには桜島という噴火山によって、排出された火山灰がお茶に適した良質な土壌を作ります。そんな環境下でできた知覧茶は、透き通った緑色とさわやかな香りが特徴です。

     

    知覧のお茶のはじまりは、鎌倉時代に平家の落人たちが手蓑という山岳地域で栽培をはじめたことがきっかけだと言われています。
    本格的な知覧茶の栽培が始まったのは、明治時代以降。宇治茶の製法を基本に、お茶の本格的な技術や設備が取り入れられ、生産が盛んになります。

     

     

    07_chirans

     

     

    オーナーの温かみと知覧茶紅茶が絶品「薩摩英国館ティーワールド」

     

    08_chirans

     

    知覧茶畑の次は洋風のお茶をいただきます。鎌倉時代から伝えられる知覧茶、その多様性は止まらず、昭和時代に入ると生産量の拡大に力が入れられ、茶園の数を増やし、紅茶の生産がスタートしたそうです。
    知覧武家屋敷からは歩いて約5分。とてもかわいらしい赤いロンドンバスが目印の「薩摩英国館ティーワールド」に到着しました。

     

     


    08-3_chirans

     

     

    武家屋敷群の近くで雰囲気も昭和感漂う知覧の町で、なんだかここだけイギリスにいるかのようなかわいらしい雰囲気が漂っていました。
    こちらは幕末期の薩摩とイギリスのかかわりをイギリスの視点から紹介する資料館です。
    オーナーさんの知覧をもっと盛り上げたいという熱意と、武家屋敷という日本の資源から歴史を学ぶだけではなく、反対側の角度である外国からの日本も学べるようなところがあっては面白いのではないかという考えからティーワールドは誕生しました。

     

     

    <08-1知覧の薩摩英国館ティーワールドの内観>

     


    <08-2知覧の薩摩英国館ティーワールドの展示>

     

     

    資料館には生麦事件の真相や当時の遺品、また生麦事件を報道する英国新聞の数々が展示されています。

    ティーワールドには資料館だけでなく、イギリスの国際的食品コンテストで金賞に日本で初めて輝いた紅茶をはじめ、色々な種類の紅茶が販売されていました。
    どれもおしゃれでおいしそうです。女性へのお土産にはもってこいですね。

     


    09_chirans

    所在地 鹿児島県南九州市知覧町郡13746−4

    公式HP : 薩摩英国館

     

     

    知覧茶をお土産に!知覧の茅葺屋根のお店でいただく絶品板蕎麦

     

    01_chirans

     

     

    JR喜入駅から車で約25分。知覧武家屋敷群から徒歩約5分。大きな茅葺屋根と風車が回る風情溢れるお食事処「そば茶屋 吹上庵」(そばちゃやふきあげあん)に到着しました。
    中に入ると沢山の人が食事を楽しんでいました。期待が高まります。

     


    <01-1知覧の吹上庵>

     

    店内には知覧ならではの面白い工夫がたくさんありました。

     

     

     


    <03-1知覧の吹上庵の知覧茶>

     

    03_chirans


    04_chirans

     

    05_chirans

    種類に分けられた沢山の知覧茶や、茶香炉(ちゃこうろ)と呼ばれる香りの違いを楽しめるスペース、(ちゃべろ)という昔のお茶を煎じる炉の展示もありました。
    知覧茶のことについて楽しみながら知れるのは嬉しいですね。

     

    02_chiran-2

     
    早速名物の「てんぷら板蕎麦」を注文しました。なんと麺は山芋100%で作られています。
    つゆの中にはとろろが入っており、てんぷらはサクサクで、麺もしっかりとしていて至福の一時となりました。

    さらに、そば粉は毎日ここの石臼でひかれるそうです。チェーンで展開されており、そば打ち体験ができる店舗もあります。ぜひお好みに合わせて鹿児島にきたら訪れてみてくださいね!
    所在地 :鹿児島県南九州市知覧町郡13725

     

     

     

     

     

     

    鹿児島県の知覧茶をめぐる旅はいかがでしたか。知覧には、お茶の栽培をしている茶畑が溢れ、知覧茶や知覧の紅茶を楽しめるスポットも沢山あります。まちあるきや観光に疲れたときはほっと一息。ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。