HISTRIP(ヒストリップ)|歴史的建造物に泊まろう

HISTRIP MAGAZINE icon HISTRIP MAGAZINE

知る人ぞ知る宮島の自然をより満喫できる名所と満腹グルメを味わう

  • 「いつか、また訪れたい」と多くの旅人を魅了しつづけてきた広島県の~厳島(宮島)~。

     

     

    今回は宮島での歴史旅に欠かせないグルメ・甘味とともに、瀬戸内海を堪能できる島内のスポットを紹介します!

     

     

     

    宮島から見られる瀬戸内海を贅沢に独り占め!なら西の松原を目指せ

     

     

    <写真01_西松原標識>

     

     

    宮島桟橋から徒歩約15分、厳島神社を抜けた西の浜にある「西松原」を訪れました。

     

     

    厳島神社からもすぐに訪れることができる西松原は、ゆっくりと瀬戸内海の景色を独り占めしたい旅人におすすめの名所です!

     

     

    <写真02_西松原>

     

     

    砂浜まで行くことができ、穏やかな波を身近に感じることができるだけでなく、干潮の時間帯には、大鳥居のすぐ傍まで歩みを進めることもできます。

     

     

    また厳島神社参拝後は南の方角へ進む旅人が多いため、西松原では比較的限られた人数の旅人たちがいて、ゆっくりとした時間を楽しめます。

     

     

    <写真03_浜>

     

     

    <写真04_大鳥居>

     

     

    大鳥居や厳島神社をまた違った角度から楽しめるのも、西松原の魅力の一つです。

     

     

    夏は、ビーチサンダルを持参して海水で冷をとるのも良いかもしれませんね。

     

     

    西松原は、厳島の自然を堪能したい方に一番おすすめしたい名所です!

     

     

    所在地 : 広島県廿日市市宮島町

     

     

     

    素朴な薄皮に色とりどりのフレーバーが魅力の宮島銘菓~もみじ饅頭~

     

     

    <写真05_作りたてもみじ饅頭>

     

     

    宮島での歴史旅のお供に欠かせない甘味といえば!そう、やっぱり「もみじ饅頭」です!

     

     

    宮島桟橋からは歩いて10分程、通称清盛通りと呼ばれる表参道商店街には、お土産屋とともにもみじ饅頭のお店が所狭しと並んでいます。

     

     

    目の前でどんどんもみじ饅頭が焼きあがっていく様子は、テンポが良く楽しくなります。

     

     

    <写真06_機械>

     

     

    ほんのり甘い香りが商店街を包み込み、多くの旅人が片手にもみじ饅頭を手にしています。

     

     

    <写真07_もみじ饅頭>

     

     

    定番のこしあん・つぶあんだけでなく、チーズ・抹茶・桜あんなど数多くの味を楽しむことができるのももみじ饅頭の魅力ですね!

     

     

    中でも店頭で長蛇の列が出来ていたのは、「揚げもみじ饅頭」のお店です。

     

     

    <写真08_揚げもみじ看板>

     

     

    <写真09_揚げもみじ饅頭>

     

     

    サクサクの衣で揚げられたもみじ饅頭は、定番のものより少し軽めで不思議な触感を楽しむことができました。

     

     

    お気に入りのフレーバーを、是非みつけてくださいね!

     

     

    所在地 : 広島県廿日市市宮島町

     

     

     

    実はあなごも有名! 宮島旅でのグルメと言えば穴子丼がおすすめ!

     

     

    <写真10_あなご飯看板>

     

     

    旅の締めくくりには、あなご飯をいただきに「もみじの木」を訪れました。

     

     

    広島県の特産海産物と言えば、牡蠣を思い浮かべる人がほとんどかもしれませんが、実は牡蠣に引けを取らない人気があるのが穴子です!

     

     

    実は牡蠣と穴子には切っても切れない深い関係があります。

     

     

    牡蠣を育てる際、牡蠣が出す泥が海の底へ溜まり、それが泥地となります。

     

     

    その泥地には、あなごの餌になる小魚や甲殻類が豊富に生息しはじめるそうで、 その豊富な餌を求めて穴子が集まってくるのです。

     

     

    <写真11_あなご飯>

     

     

    穴子がたっぷりのった、あなご飯は、程よい歯ごたえと上品な脂がマッチしていて次々とお箸が進む美味しさでした!

     

     

    <写真12_あなご飯アップ>

     

     

    宮島では、お昼にはあなご飯が売り切れてしまうお店も多いので、夕方までの食事にあなご飯をおすすめします!

     

     

    所在地 : 広島県廿日市市宮島口1丁目5−10

     

     

     

    宮島への旅で欠かせないグルメ、あなご飯ともみじ饅頭を中心に、綺麗な景色をじっくりと楽しめる名所を紹介しました!

     

     

    テイクアウトできるグルメを片手に西松原でゆったりするのも良いかもしれませんね。

     

     

    宮島を訪れた際は、是非お気に入りのお店を探してみてください!